ヒトラー、あるいはドイツ映画

Hitler- ein Film aus Deutschland 1977年(計410分)

第1部「聖杯」(91分)
第2部「ドイツの夢」(126分)
第3部「冬物語の終わり」(93分)
第4部「われわれ、地獄の子どもたち」(100分)

監督・脚本/ハンス・ユルゲン・ジーバーベルク

撮影/ディートリヒ・ローマン

出演/ハインツ・シューベルト ペーター・ケルン ヘルムート・ランゲ ライナー・フォン・アルテンフェルス

「ドイツ三部作」の掉尾を飾る最大の問題作。ヒトラーおよびドイツ史をめぐるさまざまな視覚的、音楽的、言語的要素のシュールレアリスティックな混合。ジーバーベルクの目指す「ブレヒト+ヴァーグナー」の壮大な実験であると同時に、「未来の音楽としての映画」の完成形を模索する。スーザン・ソンタグから「20世紀最高の芸術作品かつ史上最高の映画」と激賞された。