シアター:ファスビンダーとシュレーターがとらえた舞台芸術

2018年6月23日(土)・6月30日(土)(2日間)
会場:アテネ・フランセ文化センター

シュレーターによる1980年のナンシー国際演劇祭とファスビンダーがとらえた1981年のケルン国際舞台芸術祭の二本のドキュメンタリーを取り上げ、当時のシアターの役割や、二人の映像手法などを考察します。

■スケジュール

6月23日(土)

14:30 上映『舞台リハーサル』(89分)
16:30 上映『シアター・イン・トランス』(91分)
18:10 トーク岡本章(演出家・俳優)・渋谷哲也(ドイツ映画研究者)

6月30日(土)

16:00 上映『シアター・イン・トランス』(91分)
18:00 上映『舞台リハーサル』(89分)

■上映作品

舞台リハーサル

舞台リハーサル
Die generalprobe
1980(89分/DVD)

監督:ヴェルナー・シュレーター

大野一雄、ピナ・バウシュ、山海塾などがパフォーマンスを行った1980年のナンシー国際演劇祭のドキュメンタリー。演劇祭の映像や、シュレーターの解説、インタビューを挿入し、独特の観点から描き出す。

シアター・イン・トランス

シアター・イン・トランス
Theater in Trance
1981(91分/DVD)

監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

1981年の国際舞台芸術フェスティバル、テアター・デア・ヴェルトについての14章からなるドキュメンタリー。ファスビンダーによるアルトーの『演劇とその分身』の朗読とともに、フェスティバル参加者の姿が映し出される。


■料金
一般=1500円
シニア・学生=1300円
アテネ・フランセ文化センター会員=1000円

※トークは本特集の半券をお持ちの方はご参加になれます。

■会場・お問い合せ

アテネ・フランセ文化センター
千代田区神田駿河台2-11
アテネ・フランセ4F
JR 御茶ノ水・水道橋駅より徒歩7分
03-3291-4339

■主催

アテネ・フランセ文化センター