アテネ・フランセ文化センター

臨時休館 期間延長のお知らせ

アテネ・フランセ文化センターは、「緊急事態宣言」の期間延長によるアテネ・フランセの全校休校にともない5月31日(日)まで臨時休館といたします。
つきましては、5月に予定されておりました上映会をすべて延期いたしますので、ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
新しい日程につきましては、「緊急事態宣言」解除後に発表いたしますので、ウェブページをご覧いただくかお問合せ下さい。

infor@athenee.net
※休館中はスタッフが事務所に不在の場合もございます。ご了承ください。

映画一揆外伝 〜破れかぶれの映画史〜

【延期】映画一揆外伝 〜破れかぶれの映画史〜 春のニュー・ジャーマンまつり

70年代ドイツを劇画的に描く風刺喜劇×暴走を活写した豪華二本立て上映!!会場:アテネ・フランセ文化センター/2020年5月9日(土)

映画史

【延期】『フィルムメーカーズ㉑ジャン=リュック・ゴダール』刊行記念
上映とシンポジウム

2020年1月8日から3月1日にかけてシネマテーク・フランセーズで行われゴダール全作品の上映は、ゴダールの60年以上に及ぶ全仕事を俯瞰する試みであった。本企画では、38名の日本人執筆陣によるジャン=リュック・ゴダール論により構成された「フィルムメーカーズ㉑ジャン=リュック・ゴダール」の刊行に関連して日本におけるゴダールの評価の現在を検証します。会場:アテネ・フランセ文化センター/2020年5月23日(土)

恋に踊る

【延期】3月女性史月間特集:ドロシー・アーズナー

ジェンダー間の平等と、女性の権利そして地位向上のために、1975年に国連により制定された3月8日の「国際女性デー」を記念し、映画史において果敢に挑戦を続けてきた女性監督の作品を紹介。 今回は、20年代から40年代までハリウッドで精力的に活躍したドロシー・アーズナーが手がけた二本の作品を上映し、さらに専門家を招いてトークを行います。会場:アテネ・フランセ文化センター/2020年3月6日(金)、3月7日(土)

無言歌

『死霊魂』公開記念
ワン・ビン(王兵)監督特集2020

8時間を超える集大成『死霊魂』により昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で三度目の最高賞を受賞した現代中国の映画監督ワン・ビン。今回の特集では、中古のデジタルキャメラがあれば、映画が世界と対峙できることを証明した衝撃的な第一作『鉄西区』、日本語字幕版初上映となる傑作『石炭、金』、最新作『死霊魂』を見る上で特に重要な3作『鳳鳴 中国の記憶』、『暴虐工廠』(オムニバス『世界の現状』の一編)、『無言歌』などを上映。「21世紀の映画作家」ワン・ビンの創作活動を辿ります。 会場:アテネ・フランセ文化センター/3月20日(金・祝)-3月28日(土)(8日間/日曜休館)
*3月28日(土)の催しは延期となりました。

「シネクラブ通信」メール配信中

毎月1日と15日に、イベントや上映情報のお知らせメールを配信します。

・配信内容:イベント、上映会の告知、ご案内
・毎月1日、15日配信
・登録無料
・内容は予告なく変更することがございますので、あらかじめご了承ください。
・「シネクラブ通信」は、「Mailchimp」を利用して配信しております。
・ご登録いただいた内容は、メール配信以外に使用することはありません。