映画一揆外伝~破れかぶれ〜
『LEFT ALONE』松田政男・津村喬 追悼上映

2021年2月13日(土)
会場:アテネ・フランセ文化センター

映画一揆を運営するSPIRITUAL MOVIESが製作し、2005年に公開された長編ドキュメンタリー映画である。批評家の絓秀実氏が、松田政男氏、西部邁氏、柄谷行人氏、鎌田哲哉氏、津村喬氏、花咲政之輔氏らとの対話を通じ、『1968年』を焦点に日本の新左翼運動史を検証していく。
公開から15年を経た2020年、本作の出演者である松田政男氏、津村喬氏が、3月と6月に相次いで亡くなった。訃報に接し映画一揆外伝は、両氏への追悼の意を込めて「LEFT ALONE」上映会を開催する。
今回の上映を通じ、多くの方にあらためて両氏の言葉を聞いてもらいたいと切に願うものである。

■スケジュール
※チケットは16:00から販売します。

2月13日(土)

16:30 『LEFT ALONE』第一部(93分)
18:25 『LEFT ALONE』第二部(109分)

■上映作品

LEFT ALONE

LEFT ALONE 1
2005年/93分/DVCAM/カラー
監督:井土紀州
出演:絓秀実 松田政男 西部邁 柄谷行人 鎌田哲哉
ナレーション:伊藤清美
製作:吉岡文平
撮影:伊藤学 高橋和博
音楽:太陽肛門スパパーン
整音:臼井勝
企画・製作:スピリチュアル・ムービーズ

LEFT ALONE 2
2005年/109分/DVCAM/カラー
監督:井土紀州
出演:絓秀実 松田政男 柄谷行人 津村喬 花咲政之輔
ナレーション:伊藤清美
製作:吉岡文平
撮影:伊藤学 高橋和博
音楽:太陽肛門スパパーン
整音:臼井勝
企画・製作:スピリチュアル・ムービーズ

1968年生まれのひとりの映画監督が、68年を探る映画を撮る。学生たちの政治運動。革命。そして、68年を境に政治運動はカウンター・カルチャーと結びつき、80年代にはサブカルチャーとして脱色化されていく…。
68年は、ニューレフト運動にとって決定的な転回点であった。映画は、2001年に早稲田大学で勃発したサークルスペース移転阻止闘争において非常勤講師でありながら学生達と共に大学当局と闘う批評家、絓秀実の姿を捉えることから始まり、松田政男、柄谷行人、西部邁、津村喬にいたる60年代の学生活動家たちと対話を重ねていく。
『レフト・アローン1』では、ニューレフトの誕生から、花田清輝と吉本隆明の論争、68年の安保闘争に至る過程を絓秀実、松田政男、鎌田哲哉、柄谷行人、西部邁とともに様々な角度から検証し、『レフト・アローン2』では、68年革命の思想と暴力という問題、1970年7月7日の華僑青年闘争委員会に始まる在日朝鮮人・中国人等に対する反差別闘争の衝撃、毛沢東主義の新たな可能性から、現在の大学再編と自治空間の解体をめぐって、ニューレフトの行方が、絓秀実、松田政男、柄谷行人、津村喬、花咲政之輔によって語られていく。
体制への反逆。60年安保という激動期。思想と暴力。それぞれの闘争と転機。悲劇から喜劇へ。そして、今なお左側を歩き続けていくことの孤独。早稲田の路地を歩くすがの後姿に、彼方に向かって糞を転がしつづけるスカラベサクレ(糞転がし)の姿が重ねられる…。

■監督コメント

もうひとつの映画
私たちは映画を作る。
何かについて考えながら作る。
では、いったい何について考えているのか。
テーマ? 物語? それとも映画そのもの?
当然、それらすべてについて考えなければならないが、さらにその先に私たちを考えさせてやまない何かがある。
それはあくまでも未知のものであり、いつもぼんやりとした靄につつまれている。
それはいずれ私たちが作った映画を差し出すべき観客という存在だ。
この不特定多数の漠然とした存在について思考を巡らせたとたん、私たちの映画作りに臆病風が吹き始める。
それって面白いの? 退屈じゃない? 分かりにくくない?
彼らは時に素朴に、時には目尻を吊りあげて私たちを詰問する。
彼らの問いに頭を悩ませ、逡巡したあげく、私たちはひとつの結論に達する。
私たちが映画を作るために何かを考えるのは、映画を見る彼らに何も考えなくさせるためでは決してないのだ。
「観客を作られた世界に引き込み、そこで興奮と陶酔のひと時を味わせるのではなく、むしろ現実に対する思考を促し、観客の活動力を鼓舞する」
ブレヒトの演劇に対するこの態度を、私たちは私たちのもうひとつの映画のために、もう一度検討する必要がある。

井土紀州(2005年公開時のコメント)

映画一揆外伝とは

脚本家/映画監督・井土紀州が学生時代に仲間と結成し現在に至る映画結社スピリチュアル・ムービーズ。それは“魂にふれる映画”を希求する映画集団である。 スピリチュアル・ムービーズは1998年の「百年の絶唱」公開以降、「レフトアローン」「ラザロ」「行旅死亡人」など、制作と上映の実践を継続していくなか、2010年〜2011年に“怒りと祝祭の上映蜂起”『映画一揆』を各地で展開した。
2014年、『映画一揆』に遅れて参じた若者たちに牽引される形で『映画一揆外伝』が始動。スピリチュアル・ムービーズ関連作品を映画館で上映するというこれまでの枠組みを超え、より柔軟により拘り深く『映画一揆外伝』は破れかぶれに進んでゆく。
>>>映画一揆外伝のウェブページはこちら


【お知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開映時間、開催日程が変更になる可能性がございます。 その際にはアテネ・フランセ文化センターのウェブページ等で発表いたします。
何卒ご理解いただけますと幸いです。

■料金
一律1500円(一日通し・当日券のみ)

■お問い合せ

090-4395-4852(担当:高橋)
spiritualmovies@hotmail.co.jp

■会場

アテネ・フランセ文化センター
千代田区神田駿河台2-11
アテネ・フランセ4F
JR 御茶ノ水・水道橋駅より徒歩7分
03-3291-4339

■主催
映画一揆外伝
アテネ・フランセ文化センター