アテネ・フランセシネマテーク 映画の授業
Cinémathèque de l'Athénée Français Leçon de Cinéma

【古典映画編】2021年5月25日(火)―5月29日(土)
【現代映画編】第1部 2021年6月3日(木)―6月5日(土)
【現代映画編】第2部 2021年6月10日(木)―6月12日(土)(計11日間)

会場:アテネ・フランセ文化センター

「古典映画の再評価と現代映画の発見」をテーマに上映活動を続けてきたアテネ・フランセ文化センター恒例の初夏の特集企画。今回も古典映画編、現代映画編として様々な映画を上映いたします。
古典映画編ではジョン・フォード、アレクサンドル・ドヴジェンコ、ドロシー・アーズナー、エンゲル=オーキン。現代映画編では、マルグリット・デュラス、小川紳介、土本典昭、ハンス=ユルゲン・ジーバーベルクなど1960年代以降の現代映画の探求者たちをとり上げます。

緊急事態宣言の延長に伴う開映時間変更のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う「緊急事態宣言」が延長されましたので、「アテネ・フランセシネマテーク 映画の授業 古典映画編」の平日の開映を各回1時間早めることとし、販売席数を79席に減席いたします。
ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

上映作品の解説はこちら

■上映スケジュール
※チケットは1回目上映開始の20分前から、当日上映分を販売します。
※途中入れ替えはありません。

【古典映画編】2021年5月25日(火)―5月29日(土)(5日間)
5月25日(火)

17:00 16:00 『鄙(ひな)より都会へ』(53分)
18:10 17:10 『アイアン・ホース』(150分)

5月26日(水)

17:00 16:00 『人生の高度計』(77分)
18:30 17:30 『恋に踊る』(89分)

5月27日(木)

17:10 16:10 『大地』(90分)
19:00 18:00 『航空都市』(82分)

5月28日(金)

15:10 14:10 『小さな逃亡者』(80分)
16:50 15:50 『恋人たちとキャンディ』(82分)
18:30 17:30 『結婚式と赤ちゃん』(81分)

5月29日(土)

15:10 『小さな逃亡者』(80分)
16:50 『恋人たちとキャンディ』(82分)
18:30 『結婚式と赤ちゃん』(81分)

【現代映画編】第1部 2021年6月3日(木)―6月5日(土)(3日間)
6月3日(木)

16:30 『圧殺の森』(105分)
18:30 『パルチザン前史』(120分)

6月4日(金)

12:00 『ヒットラー、あるいはドイツ映画』(410分)

6月5日(土)

12:00 『ヒットラー、あるいはドイツ映画』(410分)

【現代映画編】第2部 2021年6月10日(木)―6月12日(土)(3日間)
6月10日(木)

16:50 『ナタリー・グランジェ(女の館)』(83分)
18:30 『インディア・ソング』(120分)

6月11日(金)

15:30 『アムステルダム・グローバル・ヴィレッジ』(254分)

6月12日(土)

14:00 『ルート1』(255分)

【お知らせ】
新型コロナウィルスの感染状況により、6月以降も開映時間の変更や席数の制限をさせていただく可能性があります。
ご来場前にウェブページでご確認いただくか、お問合せ下さいますようお願い申し上げます。

■入れ替えなし
■全作品日本語字幕付き

■料金

一般=1200円
学生/シニア=1000円
アテネ・フランセ文化センター会員=800円

■お問い合わせ・会場

アテネ・フランセ文化センター
東京都千代田区神田駿河台2-11
アテネ・フランセ4F
JR 御茶ノ水・水道橋駅より徒歩7分
03-3291-4339(13:00-20:00)

■主催

アテネ・フランセ文化センタ—

■協力

山形国際ドキュメンタリー映画祭
アダンソニア