ヴェルナー・シュレーター Werner Schroeter


1945年7月4日ドイツ東部テューリンゲンのゲオルゲンタール生まれ。ハイデルベルクで過ごした後、マンハイムの大学で心理学を専攻する。64年から65年の間、ジャーナリストとして活動し、その後ミュンヘン映画学校で学ぶ。仲間のローザ・フォン・ブラウンハイム、ダニエル・シュミットらと共にマリア・カラスに傾倒し、彼女の写真やオペラ・アリアを多用した8ミリ映画の制作を始める。互いの映画にも協力しあう。16ミリに切り替え、「Neurasia」「Argila」の2本をハンブルク映画祭に出品して、評判となる。69年、マグダレーナ・モンテツマ主演による長編第一作「アイカ・カタパ」を完成させる。以後、オペラティックで魅惑的な作品を連発。友人でもあるライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、ダニエル・シュミットらと共に新しい世代の映画作家として評価を得る。一方、72年5月ハンブルクのドイツ劇場でのレッシング作「エミリア・ガロッティ」で舞台演出家としてデビューして以来、舞台人としても活躍を始め、ドイツはもとよりイタリアでも上演。79年には「ロートリンゲン」で待望のオペラ演出にも進出する。


過去の上映作品

アイカ・カタパ Eika Katappa 1969
薔薇の王国 Der Rosenkönig 1986
愛の破片 Poussieres d'Amour 1996