ナタリー・グランジェ(女の館)

Nathalie Granger 1972年(83分)

監督・原作・脚本/マルグリット・デュラス

撮影/ギスラン・クロッケ 編集/ニコール・リュプチャンスキー

出演/ルチア・ボゼー ジャンヌ・モロー ジェラール・ドパルデュー

イタリア人女性とその女友達が過ごす昼下がり。娘ナタリーは暴力的な行動が基で退校させられようとし、ラジオからは逃走中の未成年殺人者のニュースが。そこにセールスマンが不意に現れる。家の内と外に潜在する暴力。パリ西方の村に購入した古い農家から発想され、そこで撮られた。空間が重要な役割を演じ始める作品。