東京フィルメックス特別企画
マノエル・ド・オリヴェイラ監督の大作 日本初上映
『繻子の靴』(1985/上映時間6時間50分/35mm版/日本語字幕)
Le Soulier de Satin de Manoel de Oliveira

2020年11月22日(日)
有楽町朝日ホール

2020年11月26日(木)―28日(土)
アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)

20世紀フランスを代表する詩人・劇作家ポール・クローデルが外交官として日本に赴任中(1921―1927)に関東大震災に遭遇しながらも執筆した長大な世界劇『繻子の靴』を、ポルトガル映画の巨匠マノエル・ド・オリヴェイラが映画化した上映時間7時間に及ぶ大作。日本初上映。

『繻子の靴』チケット販売について

会場でのチケットは販売いたしません。あらかじめPassMarketにてご購入ください。
チケット販売期間:10月17日(土)0:00 - 各プログラムの上映開始時刻まで

●発券・システム利用料は0円。コンビニ決済のみ別途決済手数料がかかります。
●『繻子の靴』11月22日(日)有楽町朝日ホール、11月26日(木)ー28日(土)アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)共に特別料金5000円となります。(U-25割は対象外)
●11月22日(日)有楽町朝日ホールでの上映は全席指定制となります。
●11月26日(木)ー28日(土)アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)は自由席(整理番号入場制)となります(当日券はございません。チケットはPassMarketでご購入下さい)。
>>>PassMarketの購入ページはこちら

>>>「第21回東京フィルメックス」チケット情報詳細はこちら

■上映スケジュール
『繻子の靴』(410分)

有楽町朝日ホール
11月22日(日)

12:00 第1部(136分) ※休憩30分
14:46 第2部(143分) ※休憩30分
17:19 第3部(130分)

アテネ・フランセ文化センター
11月26日(木)ー11月28日(土)

13:00 第1部(136分) ※休憩20分
15:36 第2部(143分) ※休憩20分
18:19 第3部(130分)

※11月28日(土)の上映終了後(20:30―)、四方田犬彦氏(比較文学者・映画史家)によるトークを予定しております。
※本作品のプリントは製作から年数が経過しているため、状態が良好でない箇所がございます。あらかじめご了承下さい。


■料金
一般=5000円
※PassMarketで購入ご購入下さい。当日券の販売はございません。

■会場・お問い合せ

11月22日(日)
有楽町朝日ホール
東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F
JR/地下鉄 有楽町駅・銀座駅より徒歩1〜2分

11月26日(木)―28日(土)
アテネ・フランセ文化センター
東京都神田駿河台2-11
アテネ・フランセ4F
JR 御茶ノ水・水道橋駅より徒歩7分
03-3291-4339

■主催

東京フィルメックス
東京フィルメックス


アテネ・フランセ文化センター アテネ・フランセ文化センター

■共催

朝日新聞社

■作品提供

Le Petit Bureau