インディア・ソング

India Song 1974年(120分)

監督・原作・脚本/マルグリット・デュラス

撮影/ブリュノ・ニュイッテン 編集/ソランジュ・ルプランス

出演/デルフィーヌ・セイリグ マチュー・カリエール クロード・マン

小説「ラホールの副領事」を主な源泉として、大使夫人アンヌ=マリー・ストレッテルへの不可能な愛で狂気に陥る副領事の物語を描く。前作『ガンジスの女』で発見したオフの声を全面的に活用。物語の外の語りや、発声源が見えない声が出来事(と、その記憶)を喚起、推測を巡らせる。映像と音響の関係の新たな境地を開いた作品。