航空都市

Аэроград 1935年(82分)

監督・脚本/アレクサンドル・ドヴジェンコ

助監督/ユーリヤ・ソンツェワ S・ケヴォルコフ 撮影/エドゥアルド・ティッセ ミハイル・ギンジン N・スミルノフ 美術/アレクセイ・ウトキン ヴィクトル・パンテレーエフ 音楽/ドミトリー・カバレフスキー

出演/ステパン・シャガイダ(“虎殺し”ステパン・グルシャク) セルゲイ・ストリャロフ(その息子ウラジーミル) ステパン・シュクラト(グルシャクの親友ワシーリ・フジャコフ) N・タブナソフ(チュコトの青年) G・ツォイ(パルチザンの中国人ワン・リン) L・カン及びI・キム(サムライ=日本人秘密工作員) ボリス・ドブロンラヴォフ(破壊分子アニキー・シャバノフ)

極東シベリアで国境防衛の拠点建設に取り組み、富農や日本のスパイらの妨害と闘う人びとの活躍を描く。ドヴジェンコが初めてモスクワで製作した作品で、ウクライナを舞台とせず、エイゼンシュテインの片腕として『ベージン草原』を撮影中だったティッセもスタッフに加わっている。しかし、1931年に満洲事変が起こって極東情勢が緊張しているなか、国家機密漏洩に抵触することを恐れる撮影所側は製作をなかなか許可せず、ドヴジェンコがスターリンに直訴することで、ようやく実現した。しかし、同時にスターリンからウクライナの革命英雄シチョールスの映画化を示唆され、ドヴジェンコは再びウクライナを舞台とした映画を作り始めることになる。