大地

Земля 1930年(90分)

監督・脚本/アレクサンドル・ドヴジェンコ

撮影/ダニール・デムツキー 美術/ワシーリー・クリチェフスキー 助監督/ユーリヤ・ソンツェワ ラザル・ボジク

出演/ ステパン・シュクラト(オパナス) セミョーン・スワシェンコ(その息子ワシーリ) ユーリヤ・ソンツェワ(ワシーリの妹) エレーナ・マクシーモワ(ワシーリの恋人ナタールカ) V・クラセンコ(ペトロ爺さん) ニコライ・ナデムスキー(セミョン爺さん) イワン・フランコ(富農アルヒプ・ベロコニ) ピョートル・マソハ(その息子ホマー) ウラジーミル・ミハイロフ(神父)

1920年代末のウクライナの農村。若者たちはコルホーズ(集団農場)を建設しトラクターを導入しようとするが、新しい技術・新しい時代を恐れる富農たちはこれを妨害し、ついには若者たちのリーダーを殺してしまう。農業集団化が推進された時代の農村を舞台にしたこの作品は、公開当初、リーダーが殺されるという結末をはじめとして、さまざまな批判を受けることになった。しかし、生と死をめぐる哲学を映像化した手腕、そして何よりも全編を通じて発揮されたドヴジェンコの美学は、多数のソ連の映画人を魅了し、サイレント期ソビエト映画の傑作として、今もなお愛されつづけている。