ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
Rainer Werner Fassbinder


1945年5月31日、バート・ヴェーリスホーフェン生まれ。1967年に劇団「アクツィオーン・テアーター」に参加。同劇団解散後の1968年、仲間たちとともに劇団「アンチテアター」を設立。劇団メンバーとの挑発的かつ実験的な長編映画制作を始める。1978年に発表した『マリア・ブラウンの結婚』により、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する監督として世界的に認知される。『リリー・マルレーン』(1980/81)『ケレル』(1982)では国際的スターを起用した大作映画を撮り上げる。ドイツ映画の未来を託される希有な存在となった矢先の1982年6月10日、37歳で急死。彼の映画は、女性の抑圧、同性愛、ユダヤ人差別、テロリズムなどスキャンダラスなテーマが多く、常に激しい議論を巻き起こした。遺された42本の監督作品は、今日にも多くの問題を提起し続けている。


過去の上映作品

出稼ぎ野郎 Katzelmacher 1969
悪の神々 Götter der Pest 1969
何故R氏は発作的に人を殺したか? Warum läuft Herr R. Amok? 1969
聖なるパン助に注意 Warnung vor einer heiligen Nutte 1970-1971
四季を売る男(季節を売る男) Händler der vier Jahreszeiten 1971
ペトラ・フォン・カントの苦い涙 Die Bitteren Tränen der Petra von Kant 1972
ブレーメンの自由 Bremer Freiheit 1972
あやつり糸の世界 Welt am Draht 1973
マルタ Martha 1973-1974
不安と魂 Angst essen Seele auf 1973-1974
エフィー・ブリースト Fontane Effi Briest 1974
キュスタース小母さんの昇天 Mutter Küsters' Fahrt zum Himmel 1975
少しの愛だけでも Ich will doch nur, daß ihr mich liebt 1975-1976
悪魔のやから Satansbraten 1975-1976
シナのルーレット Chinesisches Roulette 1976
哀れなボルヴィーザー Bolwieser 1976-1977
秋のドイツ Deutschland im Herbst 1978
デスペア Despair-Eine Reise ins Licht 1978
マリア・ブラウンの結婚 Die Ehe der Maria Braun 1978
第三世代 Die dritte Generation 1979
ベルリン・アレクサンダー広場 Berlin Alexanderplatz 1979
リリー・マルレーン Lili Marleen 1980-1981
ローラ Lola 1981
ヴェロニカ・フォスのあこがれ Die Sehnsucht der Veronika Voss 1982