2018

  • 10月.11月.12月
  • 7月.8月.9月
  • 4月.5月.6月
  • 1月.2月.3月

>>2008年以前はこちら

2015年7月・8月・9月

トルコ映画の巨匠 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン映画祭

2015年9月29日(火)-10月3日(土)(5日間)
会場:アテネ・フランセ文化センター

『カサバー町』1997(85分) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
『冬の街』2002(110分) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
『うつろいの季節(とき)』2006(101分) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
『スリー・モンキーズ』2008(109分) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
『昔々、アナトリアで』2011(157分) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

トーク:
クリス・フジワラ(国際映画批評家連盟webマガジン編集長)

荻野洋一(映画批評家・テレビディレクター)
戸田義久(キャメラマン)
渡辺進也(映画批評家/nobody編集長)

四方田犬彦(比較文化・映画研究)

主催:アテネ・フランセ文化センター 共催:映画美学校

ロシア・ソヴィエト映画 連続上映
第14回 戦争映画

2015年9月19日(土)-9月21日(月・祝)(3日間)
会場:神戸映画資料館

『鬼戦車T-34』1964(89分) 監督/ニキータ・クリーヒン、レオニード・メナケル
『祖国のために』1972(135分)監督/セルゲイ・ボンダルチュク
『炎628』1985(143分)監督/エレム・クリモフ

主催:神戸映画資料館 アテネ・フランセ文化センター

クリス・フジワラの「映画表現論」 現代映画とはなにか?

2015年8月20日(木)-8月22日(土)(3日間)
会場:アテネ・フランセ文化センター

『遠くからは奇麗に見える』2011(77分) 監督/アンカ・サスナル、ヴィルヘルム・サスナル
『エレナ出口』2012(72分)監督/ネイサン・シルヴァー
『グレイテスツ・ヒッツ』2012(103分)監督/ニコラス・ペレーダ

講師:クリス・フジワラ(前エジンバラ映画祭アーティスティック・ディレクター/映画批評家)

主催:アテネ・フランセ文化センター

クリス・マルケル・セレクション特別企画
上映+トーク「クリス・マルケルとロシア・ソヴィエト」

2015年8月7日(金)
会場:アテネ・フランセ文化センター

『カメラを持った男』1929(68分) 監督/ジガ・ヴェルトフ
『幸福』1934(65分)監督/アレクサンドル・メドヴェトキン

トーク:クリスティアン・フェゲルソン(パリ第三大学准教授/映画社会学者)

主催:アテネ・フランセ文化センター

クリス・マルケル・セレクション

2015年7月27日(月)-8月1日(土)(6日間)
会場:アテネ・フランセ文化センター

『ラ・ジュテ』1962(28分)監督/クリス・マルケル
『不思議なクミコ』1965(45分)監督/クリス・マルケル
『美しき五月』1962(136分)監督/クリス・マルケル
『サン・ソレイユ』1982(104分)監督/クリス・マルケル ※池田理代子ナレーション版
『A.K. ドキュメント黒澤明』1985(71分)監督/クリス・マルケル
『アレクサンドルの墓 最後のボルシェヴィキ』1993(120分)監督/クリス・マルケル
『アンドレイ・アルセニエヴィッチの1日』1985(71分)監督/クリス・マルケル
『笑う猫事件 』2004(58分)監督/クリス・マルケル

トーク:
筒井武文(映画監督)
港千尋(写真家)
諏訪敦彦(映画監督)、五十嵐健司(『クリス・マルケル 遊動と闘争のシネアスト』編集者)
筒井武文(映画監督)、岡田秀則(東京国立近代美術館フィルムセンター)
鴻英良(演劇批評家)、金子遊(批評家・映像作家)

レクチャー:
門間貴志(映画研究者)
千葉文夫(フランス文学者)

主催:アテネ・フランセ文化センター 森話社 映画美学校

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー生誕70 周年記念イベント

2015年7月25日(土)
会場:アテネ・フランセ文化センター

『秋のドイツ』1978(119分)
 監督/ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー アルフ・ブルステリン アレクサン ダー・クルー
 ゲ マクシミリアン・マインカ エドガー・ライツ カーチャ・ルーペ ハンス・ペーター・クロ
 ース フォルカー・シュレンドルフ ベルンハルト・ジンケル
『少しの愛だけでなく』1992(97分)監督/ハンス・ギュンター・プフラウム

シンポジウム:
斉藤綾子(映画研究者)、筒井武文(映画監督)、渋谷哲也(ドイツ映画研究者)

主催:アテネ・フランセ文化センター 渋谷哲也

「テロルと映画」出版記念
映画はテロルにどう向き合うか

2015年7月18日(土)
会場:アテネ・フランセ文化センター

講師:四方田犬彦(比較文化・映画研究)

主催:アテネ・フランセ文化センター

『雪の轍(わだち)』公開記念
「ジェイラン映画祭」オープニングイベント
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品の上映/レクチャー/トーク

2015年7月8日(水)
会場:草月ホール

『繭』1995(20分)監督/ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
『五月の雲』1999(130分)監督/ヌリ・ビルゲ・ジェイラン

レクチャー:野中恵子(トルコ評論家/「史跡・都市をめぐるトルコの歴史」著者)
トーク:
石坂健治(日本映画大学教授/東京国際映画祭アジア部門プログラミングディレクター)
市山尚三(東京フィルメックスプログラムディレクター)
矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミングディレクター)

主催:アテネ・フランセ文化センター 映画美学校

ヘルムート・コイトナー監督特集

2015年6月30日(火)-7月4日(土)(5日間)
会場:ドイツ文化会館ホール

『さようなら、フランツィスカ!』1941-1942(93分)監督/ヘルムート・コイトナー
『短調のロマンス(ロマンツェ・イン・モル)』1943(94分)監督/ヘルムート・コイトナー
『グローセ・フライハイト7番地』1943-1944(106分)監督/ヘルムート・コイトナー
『橋のたもとで』1944-1945(95分)監督/ヘルムート・コイトナー
『あの頃は』1946-1947(98分)監督/ヘルムート・コイトナー
『最後の橋』1953-1954(98分)監督/ヘルムート・コイトナー
『悪魔の将軍』1954-1955(115分)監督/ヘルムート・コイトナー
『雨の夜の銃声』1955(103分)監督/ヘルムート・コイトナー
『ケペニックの大尉』1956(89分)監督/ヘルムート・コイトナー
『赤毛の女』1962(90分)監督/ヘルムート・コイトナー

主催:東京ドイツ文化センター アテネ・フランセ文化センター